awsでdynamodbを運用するときの監視方法のポイント

サーバーの利用方法としてデータベースを運用することが多くなってきました。クラウドコンピューティングサービスのawsでもこのニーズにこたえられるようにdynamodbと呼ばれるデータベースサービスを提供しています。

この記事では運用するメリットについて解説し、そのメリットを引き出すための運用時の監視のポイントを紹介します。

→awsのネットワーク障害を監視するにはAmazon cloudwatchが最適な理由

dynamodbとは何か

dynamodbとはawsによって提供されているNoSQLデータベースサービスです。awsではクラウドコンピューティングサービスの利用者に対して様々な種類のサービスを提供して運用できるようにしていますが、その中でも利用されるケースが増えてきているサービスの一つとして注目されています。

フルマネージドサービスになっていて管理や運用の手間が少なく、データベーステーブルを作成してスループットについて設定をすれば後は全て自動で処理することができるのが特徴です。データベースサーバーの管理を必要としないのは特に魅力的な点で、エンジニアの労力を大幅に減らせます。

多くのawsのサービスと同様に可用性が高くてスケールに依存しない運用ができるのも魅力です。実質的にはストレージにもスループットにも制限がなく、費用さえ負担すればビッグデータを頻繁に使うこともできます。そのニーズにも耐えられるように高速化を実現しているのも特色で、安定してどんな規模のデータの運用にも保管にも利用できるサービスとしてdynamodbが注目されています。

また、データセキュリティについても注力していて、複数のリージョンにコピーを確保していることからデータが失われるリスクがほとんどありません。頻繁に運用するデータだけでなく、重要なデータの長期保管の目的でもdynamodbは活用することが可能です。

このような汎用性の高さもメリットと言えるでしょう。

dynamodbを運用するメリット

dynamodbを使わずともデータベースサーバーを立ち上げて運用すればデータベースを作ることも利用することもできます。それでもなおdynamodbを利用するのにはどのようなメリットがあるのでしょうか。dynamodbの特徴として紹介したように、dynamodbは可用性があって容量を気にする必要がないのがメリットです。

自社サーバーを立ち上げてデータベースサーバーとして運用する場合には、サーバーの容量を常に気にする必要があります。利用状況を確認してもし容量が不足するようであれば増設することになり、大きな時間と労力に加えてまとまった金額の投資が必要になることは否めません。

しかし、dynamodbであれば容量は無制限なので莫大なデータを突然保管する必要が生じたときにも問題がありません。容量オーバーを起こすとサーバーダウンを起こすリスクがあるのは自社サーバーの運用時には気を付けなければなりませんが、dynamodbであれば可用性があるのでトラブルの原因になることはないのです。

安定した運用を続けられるようにしたいというニーズにマッチしているサービスだとわかります。一方、データベース運用のコストを最小化することができるのもメリットです。dynamodbは全てクラウドサーバー上で利用できるようになっていて、フルマネージド型のサービスになっています。

そのため、利用するときにはユーザーがダウンロードやインストールをする必要がなく、サーバー自体のメンテナンスや点検も必要がありません。

さらにデータベースの管理業務負担も大幅に軽減される設計になっているので運用にかかるコストがかなり少なくて済みます。dynamodbを利用するにはスループットや容量に基づく費用が発生するのは確かですが、運用方法をきちんとマニュアル化して対応すればコストを最小化できるでしょう。

dynamodbのメリットを生かすための運用とは

dynamodbを導入するメリットを生かすためには運用の仕方が重要になります。トラブルが起こりにくい安定したデータベース運用ができるのがdynamodbの魅力ですが、コストとパフォーマンスについては気を付けなければなりません。

コストを最小化できるのは事実ではあるものの、放っておいたら自然に最小化されるわけではありません。運用のためにかかる設備費や人件費は導入する時点で抑えられますが、どのくらい課金することになるかによって本当にコストが少なくて済むかは異なります。

dynamodbのデータベースの無駄な利用をしていると一気にコストが膨らんでしまうので注意しなければなりません。監視をして現場指導をしていくことによりコストを減らす工夫が必要になります。パフォーマンスについてもdynamodbは高い水準を維持できることを謳っていますが、本当に高いパフォーマンスを維持するには監視をする必要があるのが一般的です。

少しでも快適に利用できる環境を作るためにはdynamodbの運用に強いエンジニアに監視をしてもらうのが良いでしょう。ただ、ポイントさえ押さえていればサーバーエンジニアであればきっと適切な対応を取れます。

dynamodbの監視のポイント

dynamodbの監視ではエラーと遅延、リクエストの制限という三つに着目して監視をするのがポイントです。システムエラーやユーザーエラーはパフォーマンスの低下に直結するので当然とも言えるでしょう。遅延はリクエストの失敗によって起こるので、その内容を把握して対処をするのが大切です。

dynamodbではエラーメッセージ、例外名などを残してくれるため、簡単に改善の方針を見出すことができるでしょう。リクエストの制限はキャパシティを超えてしまわないようにするための基本設定事項です。読み書きのスループットを設定しておき、それを越せた場合にリクエストを制限するという仕組みになっています。

リクエスト制限を回避するにはバーストキャパシティを活用するのが効果的でしょう。

監視は自動化を試みよう

awsではCloudWatchによって監視できる仕組みになっていて、dynamodbもCloudWatchを使えば必要な作業は行えます。ただ、コストを最小化するためには自動化を試みるのも肝心です。基本的なメトリクスの監視は自動化してしまって問題ないので積極的に労務負担を低減できるようにしましょう。

dynamodbを導入してコストパフォーマンスを上げよう

dynamodbは可用性が高くて容量が実質的に無制限の高速データベースとして注目されています。導入するメリットを最大化するには運用に力を注ぐ必要があります。コストパフォーマンスを上げるためには監視によってパフォーマンスを上げつつ、無駄なコストを発生させないように現場の指導やマニュアルの作成を進めることが大切です。

参考資料(aws運用監視)